ニッパツフレックス株式会社

ホーム » CSR情報
CSR情報

CSRマネジメント

CSRの考え方

ニッパツ(日本発条株式会社)グループでは、
社会の一員として果たすべき役割を認識し、CSR活動を円滑に推進するため、
グループで意思統一を図っています。

  • 「ものづくり」を通して、株主・投資家、お客様、取引先、従業員、地域社会をはじめとする当社を取り巻く幅広いステークホルダーの皆様との対話を通じ、その期待に応え、信頼される企業として、様々な社会課題の解決に取り組んでおります。
  • 健全な事業活動を継続するために、コーポレート・ガバナンス体制を強化し、中長期的な観点で企業価値を高めていくことを目指しています。
  • コンプライアンスのさらなる周知徹底、実効性のあるリスクマネジメント体制の強化、グループ全体の意識の向上を図っております。
  • 常に人権を尊重し、多様な人材の活躍を目指した取り組みを推進していきます。
  • 企業活動において地球環境との共生、調和を図るための行動指針・行動計画を定め、グループとして地域・社会の環境保全に積極的に取り組んでおります。

コンプライアンス

当社は、従業員一人ひとりがコンプライアンスに則って行動するよう努めています。

コンプライアンス指針

昨今、「食の偽装」や「粉飾決算」など、企業規模の大小にかかわらず、企業の不祥事が相次いで報道されています。これは、社会からの信頼と信用を損ね,企業活動に大きな支障をきたします。
法を守り、社会ルールに則った行動、倫理にかなった行動、即ち「コンプライアンス」(法令の遵守)が、社員ひとりひとりに求められています。

1.法令順守
法令違反を犯さない。
企業倫理を認識し、社会人としての良識と責任を持った行動をする。
法令違反を発見したら、速やかに上司または関係部署に報告する。
2.人権の尊重、差別の禁止
個人のプライバシーを尊重する。
人権を尊重し、差別につながる言動をしない。
セクシャルハラスメントと見られる行動をしない。
3.地球環境の保護
地球環境保護活動を積極的に推進する。
4.利益相反取引
会社の信用や財産を傷つけないように行動する。
個人的な目的で会社の財産、経費を使わない
5.情報管理
業務上で知りえた情報は、その機密保持に努める。
社外から入手した情報も機密保持に努め、業務目的以外で使用しない。
6.安全性への配慮
製品の開発、製造、販売は、安全性を最優先する。
顧客からクレーム情報を入手した場合は、直ちに事実確認を行い、再発および拡大防止対策をとる。

2018年4月1日
ニッパツフレックス株式会社
代表取締役社長 大竹 一彦

コンプライアンス啓発活動

  • 独占禁止法研修受講(2017年8月)~ニッパツCSR部主催
  • 独占禁止法 eラーニング受講(2017年11~12月)~外部教材による(ニッパツCSR部企画)
  • 「コンプライアンス通信・事件簿」の掲示~ニッパツCSR部発行
  • ニッパツトップメッセージ、及びコンプライアンスポスターの掲示~毎年11月の「ニッパツ倫理強化月間」
  • ニッパツグループにおいて、社内および外部法律事務所にコンプライアンスホットラインを設けている。
    ~従業員が疑問に思った時に相談や内部通報を行うことができる仕組みを整えている。

環境方針

  1. 当事業所の事業活動及び製品が与える環境側面を的確に捉え環境管理
    活動の向上および環境影響への低減活動を継続的に取り組みます。
  2. 環境目的・目標を定め、環境管理計画に基く環境管理を推進します。
    また、定期的な見直しによる継続的な改善と汚染の予防を図ります。
  3. 環境関連の法令、規制及び地域やお客様との環境管理に関する協定を順守します。
  4. ELV指令、RoHS指令等の順守に努めます。
  5. 資源の有効利用の可能性を追求し、省資源、リサイクルに徹底して取り組みます。
  6. 生産活動において、省エネルギーとゼロエミッションを目指し、省資源化と廃棄物削減活動を推進します。
  7. 地球環境問題を考慮した製品設計、技術開発を推進し、環境保全に貢献します。
  8. 事業内教育や外部教育の場を通して、全従業員に環境問題の理解と意識の高揚を図るとともに、社外公表を行ない、社会や地域の環境保全に積極的に取り組みます。

改訂日:2014年4月1日
制定日:2005年8月1日
代表取締役社長 大竹 一彦

環境マネジメントプログラム

  • CO2削減
  • 再資源化率向上
  • 産廃削減
  • 未規制化学物質の対応(グリーン調達)
  • 環境法令の順守
  • 環境管理活動と環境設備の適切な運用

ISO14001への対応

環境保全に組織的に取り組むため、環境マネジメントシステムの国際規格であるISO14001の認証を取得しています。(2003年10月取得)
→2015年度版移行への監査実施(2018年3月)

品質方針

  • お客様に信頼される品質の商品を提供し社会に貢献する。
  • お客様に信頼される品質の商品を提供するために品質保証体制を確立し、実施し継続的改善活動を展開する。
  • 全員参加による品質保証活動により、「品質No.1企業」 を目指す。

制定:2015年4月1日
代表取締役社長 大竹 一彦

ISO9001への対応

品質・顧客満足度の向上に取り組むため、品質マネジメントシステムの国際規格であるISO9001の認証を取得しています。(2000年11月取得)
対象製品、内容:自動車用コントロールケーブル並びに装置、部分品の設計・製造及び自動車・家電OA・住宅境関連の機能部品の設計・製造

ページ先頭へ戻る